◆りびんぐらいぶず_H28年11月第3号_浄土真宗のリスクと課題解決の可能性

りびんぐらいぶず・・・・・・・・平成21年

りびんぐらいぶず・・・・・・・・平成26年

◆りびんぐらいぶず_H28年6月第3号_お念仏は法の次元で捉え直さねばならない
◆りびんぐらいぶず_H28年12月第1号_伝道教学構築の可能性

りびんぐらいぶず断章

りびんぐらいぶず・・・・・・・・平成22年

りびんぐらいぶず・・・・・・・・平成27年

◆りびんぐらいぶず_H28年6月第2号_どのようにしてみ教えをお伝えするか
◆りびんぐらいぶず_H28年12月第2号_聞名ループの妥当性確認
りびんぐらいぶず・・・・・・・・平成23年

りびんぐらいぶず・・・・・・・・平成28年

◆りびんぐらいぶず_H28年7月第1号_必至滅度の願成就すればなり
基幹運動
仏事 Q&A
教義と安心
布教法話
りびんぐらいぶず
行事案内
正覚寺
syougakuji's website

◆りびんぐらいぶず_H28年8月第2号_常倫に超出し諸地の行現前す
◆りびんぐらいぶず_H28年4月第5号_常行大悲_
◆りびんぐらいぶず_H28年8月第1号_よろこぶこころのさだまるとき
◆りびんぐらいぶず_H28年4月第4号_聞名の救い
◆りびんぐらいぶず_H28年9月第3号_光明無量の願、寿命無量の願_
◆りびんぐらいぶず_H28年5月第1号_ありがたいとはどういうことか
◆りびんぐらいぶず_H28年10月第4号_世の中安穏なれ、仏法広まれ_
◆りびんぐらいぶず_H28年5月第2号_汝一心正念にしてただちに来たれ
◆りびんぐらいぶず_H28年11月第1号_なぜ宗教が必要か_お墓について考える

りびんぐらいぶず・・・・・・・・平成19年 18年以前

◆りびんぐらいぶず_H28年5月第3号_いかにして念仏者として誕生するか
◆りびんぐらいぶず_H28年11月第2号_名号をとなへんものをば

りびんぐらいぶず・・・・・・・・平成20年

りびんぐらいぶず・・・・・・・・平成25年
◆りびんぐらいぶず_H28年5月第4号_プロセスアプローチで見える化する救いの道行き_

平成28年

りびんぐらいぶず・・・・・・・・平成24年

りびんぐらいぶず・・・・・・・・平成29年

◆りびんぐらいぶず_H28年7月第2号_第十願までをどう頂戴すべきか_
◆りびんぐらいぶず_H28年7月第3号_広大難思の慶心を彰すなり
◆りびんぐらいぶず_H28年7月第4号_等正覚を現生の事態とご覧遊ばしたのは何故か
◆りびんぐらいぶず_H28年4月第3号_この喚び声を聞き開き
◆りびんぐらいぶず_H28年2月第3号_なぜ聞名でお救いに与るのか
◆りびんぐらいぶず_H28年1月第1号_咨嗟してわが名を称する願文のお心
◆りびんぐらいぶず_H28年4月第2号_たえずわたしによびかけます
◆りびんぐらいぶず_H28年3月第1号_聞即信
◆りびんぐらいぶず_H28年1月第2号_パターナリズムから脱却しなくては
◆りびんぐらいぶず_H28年3月第2号_勅命に喚び覚まされる
◆りびんぐらいぶず_H28年1月第3号_新たな伝統の創造に向けて
◆りびんぐらいぶず_H28年3月第3号_如来の大悲に生かされて
◆りびんぐらいぶず_H28年2月第1号_願文を躍動的に頂戴してみる
◆りびんぐらいぶず_H28年4月第1号_信を獲て見て敬ひ大きに慶喜すれば
◆りびんぐらいぶず_H28年2月第2号_微塵世界にみちみちたまへり
inserted by FC2 system