基幹運動
仏事 Q&A
教義と安心
布教法話
りびんぐらいぶず
行事案内
正覚寺
syougakuji's website

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・平成25年
 りびんぐらいぶず 
■りびんぐらいぶずH25年12月第2号_第十七願建立の行について
■りびんぐらいぶずH25年12月第1号_聞見一致の教えるところ
■りびんぐらいぶずH25年11月第3号_苦悩を除く法を分別し解説すべし_
りびんぐらいぶず・・・・・・・・平成24年
■りびんぐらいぶずH25年11月第2号_苦悩の有情をすてずして

りびんぐらいぶず・・・・・・・・平成29年

■りびんぐらいぶずH25年11月第1号_信心をえたるひとをば分陀利華とのたまへり
りびんぐらいぶず・・・・・・・・平成23年

りびんぐらいぶず・・・・・・・・平成28年

■りびんぐらいぶずH25年9月第7号_もし念仏するものは、人中の分陀利華なり

りびんぐらいぶず断章

りびんぐらいぶず・・・・・・・・平成22年

りびんぐらいぶず・・・・・・・・平成27年

■りびんぐらいぶずH25年9月第6号_出立します。渡る橋を確認するために

りびんぐらいぶず・・・・・・・・平成21年

■りびんぐらいぶずH25年9月第5号_十日講と恩徳讃に因んだ御法話から

りびんぐらいぶず・・・・・・・・平成20年

りびんぐらいぶず・・・・・・・・平成26年

■りびんぐらいぶずH25年9月第4号_妙好人の本質ー真の仏弟子
りびんぐらいぶず・・・・・・・・平成25年
■りびんぐらいぶずH25年9月第3号_凡数の摂にあらず

りびんぐらいぶず・・・・・・・・平成19年 18年以前

■りびんぐらいぶずH25年9月第2号_もし念仏するものは
■りびんぐらいぶずH25年9月第1号_大迦葉
■りびんぐらいぶずH25年8月第3号_どのようにすれば生き生きと発信できるか
■りびんぐらいぶずH25年8月第2号_お念仏してこそ如来様に聞遇できる
■りびんぐらいぶずH25年8月第1号_仏教の立場を提起しうるか
■りびんぐらいぶずH25年7月第3号_十念誓意_称名正定業の意義
■りびんぐらいぶずH25年7月第2号_親なればこそ子に導かれ
■りびんぐらいぶずH25年7月第1号_”そのまま”は、そのままでは危うい
■りびんぐらいぶずH25年6月第3号_分陀利華_
■りびんぐらいぶずH25年6月第2号_五種の嘉誉
■りびんぐらいぶずH25年6月第1号_リビングウィル「エンディングノート」
■りびんぐらいぶずH25年5月第3号_佛の本願力を観ずるに 遇うて空しく過ぐる者なし
■りびんぐらいぶずH25年5月第2号_先端医療の自己決定に際して
■りびんぐらいぶずH25年5月第1号_ユルサレテキク
■りびんぐらいぶずH25年4月第3号_起観生信のお心をうかがってみる
■りびんぐらいぶずH25年4月第2号_いかんが観じいかんが信心を生ずる
■りびんぐらいぶずH25年4月第1号_三河のお園さん
■りびんぐらいぶずH25年3月第3号_行にすなはち一念あり、また信に一念あり_
■りびんぐらいぶずH25年3月第2号_わたしは何を残しただろう
■りびんぐらいぶずH25年3月第1号_浄土真宗では大行が賜ってある_
■りびんぐらいぶずH25年2月第3号_雪の夜の仏婦例会から
■りびんぐらいぶずH25年2月第2号_如来様から賜る口業ならばこそ
■りびんぐらいぶずH25年2月第1号_仏徳讃嘆の謂れを訪ねて
■りびんぐらいぶずH25年1月第2号_ご法話会(お聴聞の集い)
■りびんぐらいぶずH25年1月第1号_重点プロジェクト「正覚寺の基本方針」
inserted by FC2 system